AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » AIカメラの活用方法 » 混雑状況の可視化

混雑状況の可視化

AIカメラによる混雑把握のメリット・効果

顧客満足度が向上し売上アップにつながる

施設や店舗などの混雑状況がインターネットなどを通じて利用者にもわかるようになっていると安心して行くことができます。利用客は待ち時間によるストレスが無くなり、時間帯などによる偏りが分散されて顧客の回転率が高くなります。店舗側にとって売上向上につながりますし、顧客満足度も上がってリピーター獲得にもなります。

問い合わせ対応の自動化によりコスト削減効果

混雑状況がわからないと利用客は直接施設や店舗に問い合わせるしか方法がありません。人気のスポットやお店は電話が集中してつながないことやメールなど返信がすぐにできないなど、スタッフは問い合わせ対応に追われることになります。これらはAIカメラ導入によりほぼ自動化されコスト削減とサービス向上につながります。

混雑データを新プランやレイアウト変更に活用

混雑状況はリアルタイムに利用客に知らせるだけでなく、蓄積されたデータを分析することで、施設・店舗側は混みやすい時間帯や場所を把握することができます。

それらは空いている時間帯を埋めるための新しいプランやキャンペーンなどの考案や利用しやすいレイアウトを検討する際に有効な資料として役立てることができます。

混雑の見える化は「密」を避け感染症対策に貢献

新型コロナの感染拡大の影響で人々は「密」を避けるようになり、以前より施設や店舗の混雑に敏感になっています。

その影響はそうした利用客だけでなく、社員食堂など社内施設の利用にまで及んでいます。人の集中を効率よく抑えるためには、AIカメラによる混雑の見える化が重要で、それが感染症対策にも大きく貢献します。

AIカメラの
導入費用相場を見る

AIカメラの混雑状況把握が効果的なマーケット

ここではAIカメラの混雑状況の把握と視覚化がどのような施設・店舗に有効なのかについて、活用方法と具体的効果についてご紹介します。

温浴施設

温泉施設やサウナ、スパなどの温浴施設は人々の疲れを癒やし、ゆったりした時間を過ごすための空間です。それが混雑して並ぶような状況であれば利用者は癒やしどころかストレスが溜まってしまいます。

組み合わせるシステムによっても異なりますが、AIカメラを導入すると混雑状況をリアルタイムにチェックできるようになり、利用する曜日や時間帯をずらすことが可能になります。またスタッフの問い合わせ対応の負担も軽くなります。

遊戯施設

混雑や行列が発生しやすい代表例として、遊園地やボーリング場などの遊戯施設があります。アウトドアの施設でも場内の混雑具合によっては入場制限や長い行列で長時間待たされる経験をした方も多いのではないでしょうか。

AIカメラ導入によりパソコンやスマホから混雑状況が把握できるようになれば、施設側が入場制限をかける前に利用者側で対応を検討することができますし、施設側も行列を避けるための対応や告知がスピーディーにできます。

商業施設

近頃アウトレットモールや倉庫型店舗など大型商業施設をよく目にします。利用客は一度にショッピングが可能になり便利ですが人混みは避けたいところです。

また、施設側も混雑状況把握は重要なマーケティングデータになります。

混雑状況をAIカメラで把握し、施設側が人の流れを変える構造にしたり混雑ポイントでスタッフが誘導したりなど、しっかり対策することができれば利用客は混雑を経験することなく、快適にショッピングが可能になります。

飲食店

新型コロナの感染拡大で大きな打撃を受けた業界の一つが飲食店です。営業自粛が解除されても厳しい感染対策が求められ、利用客側も飲食の際にマスクを外すと感染リスクが高まるので慎重にならざるを得ません。

AIカメラ導入で来店状況をネットなどで表示できれば、利用客が店内を覗き込む必要はなくなりますし時間帯も検討できます。店舗側も行列ができないように状況に合わせて予約制にするなど「密」を避ける対策ができます。

フィットネス

室内でからだを鍛えたりエアロビクスなどを行うフィットネスクラブも新型コロナの感染対策では細心の注意が必要です。利用者側もおうち時間増加による運動不足でフィットネスに行きたいと思いながら混雑は気になります。

フィットネスでのAIカメラ導入は顔認証や体温チェックが可能。混雑状況を把握することで会員の利用人数制限を行ったり予約制にしたりなどの対策ができます。利用側もしっかり対策されていることがわかり安心感につながります。

AIカメラの混雑状況把握に必要な機能は

来場者カウント機能

混雑状況把握になくてはならないものは来場者カウント機能です。ただ入場者の人数をカウントするだけでなく、複数台のカメラを設置して動線を追うことも可能。プライバシーを保護しながら混雑状況を可視化することもできます。

分析

AIカメラを導入するとリアルタイムに混雑状況がわかるだけでなくデータが蓄積されていきます。施設側として重要なのはこのデータの有効活用。店舗や施設運営の改善や顧客対応に活かすための充実した分析機能は必須です。

混雑状況を可視化できる
おすすめのAIカメラはこちら

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら