AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » AIカメラ製品一覧 » AIカメラ「AVINTON」

AIカメラ「AVINTON」

製造現場などの事故防止に、AVINTONのエッジAIカメラをおすすめします。人物の手や姿勢などを細かく検知することができるため、巻き込まれ事故などの労働災害を未然に防ぐことができたり、特定の異常を識別しトラブルを回避できます。クラウドにデータを送信するクラウドAIに比べ、タイムラグが少なく、一刻を争う場面で活躍できます。

AIカメラ「AVINTON」でできること

一刻を争う場面に対応できる高速処理

AVINTONのエッジAIカメラタイプのカメラ。クラウドAIに比べてタイムラグが少なく、一刻を争う場面で有効に働くことができます。

クラウドAIの場合、現場とクラウドでデータの送受信を行うため、多少なりともタイムラグが生じます。1000分の1秒単位で情報を活用する場合は、エッジAIカメラが効果的です。

特定の異常を検知

事前にAIに学習させておくことで、特定の異常を検知することができます。

例えば製造現場において、ひび割れや凹みといった異常を、AIカメラによって検知することができます。

これにより、トラブルなどの回避に繋がります。

姿勢や視線などの細かな動きを検知

人物の姿勢や視線などの細かな違いを、しっかり識別することができます。これにより怪しい動きなどをしている人物を見つけたり、転倒姿勢にある人物を認識することで、人物の動きに注意を払うことが可能になります。

また、人物の視線の動きも検知。視線の動きから興味の対象物などを推測することもできます。

人物の手もしっかり検知することができます。これにより、製造現場などでの手の巻き込まれ事故防止に効果的に働きます。

AIカメラ「AVINTON」に搭載されている機能

世の中のAIカメラは、大きく分けて「マーケティング」「入退室管理」「防犯」で分けられています。AIカメラを導入するなら目的に応じて選びましょう。

当サイトでは、導入する目的に応じておすすめのAIカメラを紹介しています。
ぜひ、AIカメラを導入する際の参考にしてください。

用途別におすすめAIカメラを厳選!
詳しく知りたい方はこちら

AIカメラ「AVINTON」の料金

料金につきましては、公式HPに記載がございませんでした。

AIカメラの
導入費用相場を見る

AIカメラ「AVINTON」の導入実績

製造現場での実用例

製造現場では、はさまれ・巻き込まれなどといった労働災害が起こりやすいのが特徴です。従来の柵で囲む対策方法では、作業スペースが狭まってしまったり、また作業服などにより、人物の検知が困難でした。

AVINTONのエッジAIカメラを導入することにより、製造現場内の定められた危険エリアに人物が侵入した際に、素早く検知。製造現場での労働災害の防止に役立つことができました。

参照元:Avinton:https://avinton.com/services/edge-ai-camera/

AIカメラ「AVINTON」の主な導入先

導入先につきましては、公式HPに記載がございませんでした。

AIカメラ「AVINTON」の会社概要

会社名 Avintonジャパン株式会社
所在地 神奈川県横浜市西区花咲町7-150 ウエインズ&イッセイ横浜ビル 4F
URL https://avinton.com/services/edge-ai-camera/
電話番号 045-620-4117
営業時間 営業時間につきましては、公式HPに記載がございませんでした。
定休日 定休日につきましては、公式HPに記載がございませんでした。

AIカメラ製品の
一覧を見る

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら