AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » AIカメラの基礎知識 » AIカメラのレンタルについて

AIカメラのレンタルについて

さまざまな用途に用いることができるAIカメラに着目し、導入を考えている企業も多いのではないでしょうか。ただ、初めて導入する場合にはどのメーカーや機種を選んでいいのか迷うこともあると思います。そんなときにおすすめしたいのがAIカメラのレンタルです。ここではAIカメラのレンタルについて、メリットや活用事例を紹介しています。

AIカメラをレンタルすることで得られるメリットとは?

AIカメラをレンタルすることで、購入する場合とどんな点が異なってくるのでしょう。そこにはレンタルならではのメリットも含まれています。ここではAIカメラのレンタルについて、どんなメリット得られるのか詳しく解説します。

高額なカメラも導入できる

これはAIカメラのデメリットとも言えるのですが、多くの場合、AIを搭載しているカメラは高額です。特に高画質なものほど価格が高く、初期費用もかさむ傾向があります。
そのためAIカメラの導入を考えている側は予算が見合わずに諦めてしまうケースも見られます。
一方、AIカメラをレンタルした場合には初期費用を抑えて設置できますので、購入する場合よりも気軽に導入できるというメリットがあります。
ただし、長い目で見れば購入したほうが安上がりになることも考えられますので、充分に比較検討して選びましょう。

さまざまな種類を試しながら自社に合ったものが探せる

AIカメラには撮影・録画はもちろんのことAIを用いたさまざまな機能を搭載されています。ただし、AIカメラを提供しているメーカーごとに、得意とする分野、付与できる機能にはそれぞれに違いが見られます。
そのためAIカメラを導入する際には、どのような目的で利用し、どんな機能を使いたいかで選ぶのがおすすめです。
しかし、AIカメラを初めて設置する場合などには、具体的にどんな機能がどう役に立つのかわかりにくいということもあるでしょう。さらには自社に合っているかどうか色々な機能をまずは試してみたいという場合もあると思います。
そんなときに便利なのがAIカメラのレンタルです。レンタルであれば、使った分だけの費用を払い、ほかの機種へと容易に交換することができます。

故障した場合は保証対象となることもある

AIカメラをレンタルする際に気になるのが故障です。
まずAIカメラを購入する場合にはほとんどの場合1年から1年半ほどの保証が付与されており、購入者に落ち度のない故障であれば無料で修理や交換をしてもらえる可能性があります。
一方、AIカメラをレンタルした場合にもレンタル会社によっては保証をつけているところも見られます。
例えばAIカメラのレンタルをスタートする際に「保証料」として徴収し、一定期間がすぎて解約されれば全額返還。短期間での解約であれば、その期間に応じた保証金が返却されるというシステムです。

レンタルされている分野は?

さまざまな用途に使えるAIカメラは、レンタルでも数多くの分野で幅広い活用のされ方をしています。では、実際にはどのような場面で、どんな導入方法がとらえているのでしょう。ここでは参考として次のような事例を紹介します。

ポップアップストアのためにAIカメラをレンタル

AIカメラのレンタルは短期間だけ使用したい場合などにも便利です。
例えばS商事ではポップアップストアのためにAIカメラをレンタルしています。
店舗型移動サービス「ショップモビリティ」の集客数をAIによって分析し、ポップアップストアへの滞在時間やエリアなどを予め設定しておくことで、通行人と利用者を分類して集計することも可能にしました。
また、こうした利用者と通行人の人数だけでなく、それぞれの性別や年齢の相関性を可視化できるのもAIカメラの強みです。

スポーツ選手の育成にAIカメラを活用

N大女子サッカー部では試合結果や課題を分析・共有することが選手のレベルアップにつながるとし、AIカメラを導入しました。選手の育成はもちろん、幅広いカテゴリで有効活用しています。
例えば会場によってはスタンドから撮影ができない場合もありますが、三脚を利用してAIカメラによる高い位置からの撮影などにも重宝しています。
N大女子サッカー部では今後もAIカメラとそのシステムの活用によって選手を育成・強化し、女子サッカー界の発展に貢献をしていくということです。

AIカメラの導入にお試しレンタルがおすすめ!

AIカメラはもともとさまざまな場面で活用可能であるという可能性を秘めています。そんなAIカメラをレンタルすることで、さらに気軽に、幅広い使い道が生まれます。AIカメラの導入を考えている場合には、まず試しにレンタルしてみてはいかがでしょうか。
当サイトではほかにも用途ごとにAIカメラを選ぶポイントやAIカメラ製品を一覧で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

レンタル対応のAIカメラ

Googleで「AIカメラ レンタル」で検索し、上位表示した50社の中から自社製品のレンタルに対応する10社を選定しました。
(2024年4月時点)

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら