AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » AIカメラ製品一覧 » AIカメラ「AWL」

AIカメラ「AWL」

用途や機能に合わせて様々なAIカメラを展開している、AWL。混雑度の検知や顔認証、体温検知、マスク検知といった、感染症対策に適した機能が充実しています。またデジタルサイネージと合わせることで、広告効果を高めることもできます。国内では東京・北海道に本社を持ち、海外にも事業展開しているのも特徴の一つです。

AIカメラ「AWL」でできること

混雑度を分析

AWLBOX miniでは、最大3台のカメラによって、映像から混雑度を分析することができます。

データはサイネージやスマートフォン、クラウド上で確認可能です。感染症対策に効果的に利用することができます。

デジタルサイネージの広告効果を可視化

AWL Liteでは、デジタルサイネージと連携することで、デジタルサイネージの広告効果を可視化。

デジタルサイネージ前の通行人の年齢・性別といった属性データを曜日や日付別に収集し、デジタルサイネージの視聴率なども分析できます。

さらに、属性データに即した広告を、即時に反映させる機能も強化中。デジタルサイネージの広告効果を強化することができます。

既存の防犯カメラを利用できる

AWLBOXは既存の防犯カメラと共存して使用が可能だから、初期投資費用を抑えることができます

また、映像データがクラウド上に保存されず、分析結果のテキストデータがクラウド上にアップロード。個人情報を扱わずに済むので、使用側もリスクを負わずに済みます。

AIカメラ「AWL」に搭載されている機能

世の中のAIカメラの使用用途は、大きく分けて「マーケティング」「入退室管理」「防犯」。

AIカメラを導入するなら使用用途に合ったものを選びましょう。

当サイトでは、導入する目的に応じておすすめのAIカメラを紹介しています。
ぜひ、AIカメラを導入する際の参考にしてください。

用途別におすすめAIカメラを厳選!
詳しく知りたい方はこちら

AIカメラ「AWL」の料金

要問合せ

AIカメラの
導入費用相場を見る

AIカメラ「AWL」の導入実績

大浴場の導入実績

施設内に入らなければ混雑状況のわからない大浴場。AWL Liteを導入することによって、混雑状況を可視化することができ、利用客の安心に繋がりました。

また、利用客層のデータも収集できるため、今後のマーケティングへの活用に期待ができます。

百貨店の導入実績

百貨店での感染症対策に、AWLが導入されています。店内でのマスク着用をお願いしているため、AIカメラ導入前は、店舗入口で従業員がマスクの確認を行っていました。

AIカメラ導入後は、マスク着用チェックをAIカメラが行っています。マスクの色や柄などの種類にも、その都度しっかり対応してきました。

AIカメラ「AWL」の主な導入先

AIカメラ「AWL」の会社概要

会社名 AWL株式会社
所在地 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル4F 434号室
URL https://awl.co.jp/
電話番号 03-6810-2740
営業時間 営業時間につきましては、公式HPに記載がございませんでした。
定休日 定休日につきましては、公式HPに記載がございませんでした。

AIカメラ製品の
一覧を見る

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら