AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » 【業種・業界別】AIカメラ活用事例 » 空港におけるAIカメラ活用事例

空港におけるAIカメラ活用事例

空港へのAI導入事例

保安検査場の混雑緩和

保安検査場は常に混雑しやすい場所なので、少しでも混雑を防ぐためにアクセスコントロールとサーマルAIカメラを導入した事例です。さらにスタンドも設置しているので、利用者と接触することもなく、スピーディに測定の結果がわかるので混雑緩和に繋がっています。

参照元:https://cpcam.jp/security/case/detail/detail_page.php?data=224

手荷物検査の精度と効率向上

従来は手荷物検査において保安検査員が目視で検査を行っていました。保安検査員に過度なストレスがかかります。検査できる人材を育成しなければならないという課題も抱えていました。そこでAIカメラを導入し、目視の後にダブルチェックできる体制を構築。AIによる危険物の自動判定を行うことで、高いセキュリティレベルの維持と業務の効率化に繋がっています。

参照元:https://aismiley.co.jp/ai_news/hitachi-ai-nanki-shirahama-airport/

空港におけるAIカメラ導入のメリット

混雑緩和で顧客満足度向上

空港において保安検査場は混雑しがちな場所であるため、スムーズに手荷物検査を行わなければなりません。しかしスピード重視で正確さを欠いて、危険物の持ち込みを許しては元も子もありません。AIカメラを導入することで正確さも確保しながら、スムーズな検査を実現。その結果、混雑緩和を達成しました。混雑によるイライラ解消によって顧客満足度向上も期待できるでしょう。

セキュリティの向上

空港は滑走路への侵入や不審者への対策も講じなければなりません。もし不審者の進入を許せば、思わぬトラブルにつながる恐れがあります。AIカメラを導入すれば、人と物との区別を自動で検知。管理者に報告・通知してくれます。さらに不審者の顔をデータベースで登録しておくと、カメラ間で情報共有を行い、不審者が来たときに迅速な検知が可能です。

業務効率化で人件費削減

空港に限らず、どんな職場でも業務の効率化を図ることは重要な課題でしょう。AIカメラを導入し手荷物検査などを効率化することで、人件費の削減にもつながります。

空港のAIカメラ選びのポイント

導入目的を明確にする

空港だけに限ったことではありませんが、AIカメラを導入するにあたって一番重要なポイントは導入目的を明確にすることです。導入目的が曖昧なままだと、導入したにもかかわらず思うような効果が得られない可能性も。また必要以上の性能だと費用対効果が悪い結果になりかねません。だからこそ事前に導入の目的を明確にして、目的に合うAIカメラを選定することが大切です。

導入コスト・ランニングコストをしっかりと確認する

AIカメラは業務効率化をはじめとして、さまざまなメリットがあります。しかしAIカメラを導入するにはコストがかかります。想定以上に導入コストが高いケースも。そのため導入する前に、どの程度のコストが必要なのか確認することが重要です。また導入だけでなく、ランニングコストがいくら位なのかも確認した方が良いでしょう。事前に毎月の負担額を把握しておけば、毎月の予算も踏まえて最適なAIカメラが選定しやすくなります。

操作性なども確認する

AIカメラを導入したにもかかわらず、その機能を使いこなせなければ意味がありません。AIカメラと一口に言っても搭載されている機能も異なり、操作の仕方・仕様もメーカーによってさまざまです。そのため導入するAIカメラを選定する際、従業員が操作しやすいかどうかもポイントになります。どんな機能が搭載されているかをチェックするのではなく、使いやすさも必ずチェックしてください。もし従業員が使いにくいと思うようなAIカメラであれば、導入しても無駄になりかねないため要注意です。

セキュリティ対策やアフターサポート体制をチェックする

空港は数多くの方が利用する施設だからこそ、セキュリティ対策は非常に重要です。そのためAIカメラを導入する際は、どのようなセキュリティ対策が講じられているかチェックしましょう。さらにアフターサポート体制も確認する必要があります。AIカメラを不審者チェックや手荷物確認などの安全を確保するために活用している場合、AIカメラの不具合で安全面が脅かされる恐れも。万が一の時も迅速に対応してくれるかどうか、すぐに交換できるかどうかなど、AIカメラを導入するうえでの安心材料となるので必ずチェックしてください。

AIカメラの
導入費用相場を見る

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら