AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » AIカメラの活用方法

AIカメラの活用方法

ここでは一般的によく使われるAIカメラの代表的な活用方法について紹介。どんなことができるのか、また搭載されている機能についても解説します。

AIカメラで顧客行動の分析

店舗や商業施設など顧客がいる業種にとっては顧客の行動がそのまま売上に反映されます。顧客が気持ちよくショッピングができたり質の高いサービスを受けたりすることができると顧客満足度が向上し、売上アップにつながります。

これまで顧客の反応や状況の把握は、現場スタッフの経験や感覚を頼りに品揃えや陳列方法、店舗のレイアウトなどの改善が行われてきました。POSレジなどで商品購入に関するデータを取得していても活用しきれないこともあります。

店舗分析にAIカメラを導入すると入店した人数だけでなく、性別や年齢などの属性や店内の滞在時間などもわかります。また顧客の店舗内での動線を把握できるのも特徴。これらはデータとして残るのでどう改善すべきか冷静な判断ができます。

AIカメラで混雑状況の可視化

来店人数がカウントできるのは店舗側にとって重要な情報です。こうしたAIカメラの検知機能を使って混雑状況を把握し可視化することで、店側だけでなく顧客にとっても有効な情報発信になり顧客満足度向上につながります。

新型コロナの感染拡大の影響により人々は「密」を避けるようになり、以前より施設や店舗の混雑に敏感になっています。混雑が気になっても利用客は直接施設や店舗に問い合わせるしか方法がありません。

しかしAIカメラを活用して混雑の見える化をすることで感染症対策に大きく貢献します。利用客も状況を確認した上で安心してお店や施設を訪れることができますし、店舗側もどうしたらサービス向上につながるのか検討できます。

AIカメラでデジタルサイネージ・看板広告の効果測定

デジタルサイネージとは店舗や施設などにディスプレイやプロジェクターなどの機器を設置し情報を発信するシステム。広告やさまざまなコンテンツが提供され、今後もデジタルサイネージの市場規模が成長することが期待されています。

デジタルサイネージを優れた広告媒体にするためにはAIカメラを効果測定に使うことが必要です。映像を流すだけでは広告としての効果はわかりませんが、AIカメラを活用することでデジタルサイネージの前を通った人数や性別、立ち止まった時間などがわかるからです。

必要なAIカメラの機能としては顔認証(年齢・性別)、ユニークカウント/姿勢検出(視聴数・視聴時間)、人数カウント(通行・滞在人数)などです。目的を明確にすれば有効なマーケティングデータが取得できます。

イベントにおける効果測定の重要性

イベントにおいてAIカメラを設置し、効果を測定することは大変重要です。表情解析で来場者の満足度が計測できたり、性別や年齢層、イベント会場内での動線や滞在時間といった、マーケティングデータとして活用できるデータが蓄積できるからです。

イベントの効果測定に必要なAIカメラの機能には、顔認証、人数カウント、感情認識といったものがあります。これらの機能によって、イベントの効果測定を行い、効果を確認することが可能になります。効果確認の流れも紹介しています。

AIカメラによる防犯対策

AIカメラはさまざまな場面において防犯対策にも活用されています。街中や施設内外においてはあらゆる危険が潜んでおり、いつ何時事件や事故が起こるかも分かりません。そういった場合に「いかに迅速に対応できるか」「どのようにして未然に防ぐか」というのは非常に重要なポイントであり、事前に準備をしておけると初動がスピーディーに取れるため円滑な解決やトラブルの発生抑止に繋がるでしょう。
利活用の想定としては犯罪行動の前兆を登録しておくことでその動きを検知してお知らせしてくれたり、関係者の顔を登録しておくことで関係者以外の侵入を検知するなど、AIカメラだからこそできる機能により高い防犯効果を得ることも大いに期待できます。

AIカメラでの交通量・通行量調査

AI技術を業務に取り入れる目的に「省力化」や「業務効率化」があります。これは人だからこそできていた仕事を機械に任せるにあたり、人と同じようなレベルの判断・裁量ができるように学習をさせることで実現できるものです。実際、今までマンパワーで行われてきたさまざまな業務が、徐々にAIに置き換わりつつあります。
そういった業務の一つに交通量調査や通行量調査があり、ここにAIカメラを導入することでより精緻なデータ集計を効率よく行うことが可能になります。今までは人が手作業でカウントを行っていた仕事も徐々に機械に置き換わりつつあり、通行する人や車についても数だけではなく特徴や特性もしっかりと見極めて集計・調査することが可能です。

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら