AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » 【業種・業界別】AIカメラ活用事例 » 鉄道業界におけるAIカメラ活用事例

鉄道業界におけるAIカメラ活用事例

鉄道業界のAI導入事例

サポートが必要なお客様を早期発見できる

鉄道会社A社では、駅の改札で白杖や車いすのお客様をカメラで検知し、リアルタイムで駅係員に通知する実証実験を行っています。駅の改札付近にAIで画像認識可能なIoTカメラを設置。画像認識で白杖や車いす利用なお客様を自動検知し、業務用携帯電話などの端末に通知します。

このシステムを導入することにより、サポートや見守りが必要なお客様に早期に気づくことが可能に。鉄道を利用するさまざまなお客様の顧客満足度を向上させるだけでなく、安全な鉄道運航や駅員業務の効率化向上効果にも貢献します。また、今後は駅の改札だけでなくホームや踏切など活用範囲を広げることも考えられるでしょう。

参照元:佐賀県産業スマート化センター公式ページ:https://www.saga-smart.jp/column/iotaiiotai/

線路への転落を自動検知して通知

鉄道会社B社ではお客様の線路転落に対する安全対策として、ホームドア設置に代わる既設セキュリティカメラを活用した安全施策を探していました。そこで、既設セキュリティカメラをそのまま画像処理対象ネットワークカメラとして活用するシステムを導入。転落検知システムとして活用することにしました。

結果として、転倒事故を未然に防止することに成功。運用開始直後にはホーム端をふらついていたお客様を検知し、通知を受けた駅係員による安全処置が行われるという事例が発生しました。転落のおそれがあるとシステムが検知して通知されるため、駅係員の安心感にも繋がっています。

参照元:パナソニック コネクト公式ページ:https://connect.panasonic.com/jp-ja/case-studies/odakyu

防犯カメラ設置試験で列車内のセキュリティ向上に貢献

列車内のセキュリティ向上と犯罪の抑制を目的とし、鉄道会社C社にて営業列車内に防犯カメラを設置する試験を実施。このシステムを導入することで、列車内において映像録画や音声録音を行い、遠隔からリアルタイム確認が可能となりました。カメラ搭載のAI画像解析を積極的に活用し、安全・安心な車内環境や利便性の向上に繋がることが期待されます。

参照元:AISmiley公式ページ:https://aismiley.co.jp/ai_news/aicamera-hanshin-train/

鉄道におけるAIカメラ導入のメリット

駅の改札・ホームの安全性向上

AIカメラを導入することで、駅の改札やホームの安全性が向上します。ホームでは要介護者や酔客、列車への危険な近接、線路への転落、列車の戸ばさみなど、駅員の対応が必要なことをAIカメラが検知して駅員に通報。リアルタイムで連絡がくるため、迅速な対応を可能とします。

改札では、不正乗車が疑われるような行為に対しても検知するようにすることで運賃逋脱にも貢献。行為が行われた時間帯などのデータを蓄積し、可視化させます。このデータをもとに不正乗車を抑制するための施策をとることも可能です。

混雑状況の把握・分析

AIカメラの画像から、混雑が多発する駅や時間帯、車両などを取得したり、性別や年代などの属性データや、改札の通過実数などを把握することが可能となります。これらの情報を数値化。混雑度を可視化し、利用状況のデータを分析することで混雑の原因を把握します。混雑緩和のための対策を立てることができるでしょう。

駅の商業施設開発支援

駅利用者の属性や滞在時間、駅構内での動線、エリアごとの混雑状況などをAIカメラの映像から数値化。その駅をどういう人がどのような目的で利用するか把握することによって、利用する方たちの日々の生活を充実させるような商業施設の開発に役立てます。お客様の流れをつくって、利便性が高く快適な駅になるよう貢献します。

AIカメラ製品・メーカーの
一覧を見る

鉄道業界のAIカメラ選びのポイント

AIカメラは映像を映すだけでなく、映し出した内容を分析しデータを蓄積することができます。鉄道の課題にはホームなどでの安全性向上や駅の混雑度・利用状況の把握などがありますが、AIカメラを導入するなら、まずは導入目的を明確にしましょう。そして、課題解決につながる機能が搭載されているか見極めることが大切です。

世の中のAIカメラは、大きく分けて「マーケティング」「入退室管理」「防犯」で分けられています。鉄道でAIカメラを導入するなら、目的に応じて選ぶようにしましょう。

当サイトでは、導入する目的に応じておすすめのAIカメラを紹介しています。ぜひ、AIカメラを導入する際の参考にしてください。

用途別におすすめAIカメラを厳選!
詳しく知りたい方はこちら

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら