AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » 【業種・業界別】AIカメラ活用事例 » 飲食店におけるAIカメラ活用事例

飲食店におけるAIカメラ活用事例

飲食業のAI導入事例

スマホで現場状況確認でき改善もスピード化

お好み焼を中心として全国に飲食店舗展開しているB社では、これまでもセキュリティ対策の一環として防犯カメラは利用していましたが、働き方改革を進めるため店舗内状況・キッチン状況の見える化を目指しAIカメラ導入を決めました。

クラウド型カメラをレジ上、店内、キッチンに設置することでスマートフォンからどこからでも状況確認が可能になり、現場とのコミュニケーションがしやすく的確な指示ができるので改善スピードもアップしました。

参照元:SECURE公式ページ:https://secureinc.co.jp/case/detail.html?id=110

匿名化による飲食店混雑状況を利用者に表示

全国の飲食・グルメ情報を集めWebサイトも運営しているG社では、コロナ対策の一環として店舗と組み、AIカメラを活用して混雑状況の可視化を実現しました。これは人物を匿名化したうえでリアルタイムに店内状況を表示するものです。

飲食店の利用者側は同じエリアで他の飲食店の混雑状況を比較しながら、行きたいお店が決まると席を予約するところまでできます。密にならない対策が実施されていることがわかるので安心してお店を利用することができます

参照元:OPTiM公式ページ:https://www.optim.cloud/services/ai-camera/

コロナ禍の中利用客に安心を提供できている

居酒屋を経営するO社ではコロナ禍のなか、密を避けるためリアルタイムに混雑状況を利用客に知らせたいという思いがありました。そこでAIカメラを導入して店内の人数をカウントしWEBサイトで発信することにしました。

導入後はインターネットで店内の様子を見てきたという客も増え、飲食店を営む方が自分の店にも導入したいという声もありました。新型コロナウイルス感染症対策として利用客に安心を提供できていると店側も実感できています。

参照元:AWL公式ページ:https://awl.co.jp/cases/omatsu/

飲食店におけるAIカメラ導入のメリット

分析などマーケティングに活用

AIカメラは来店客の人数カウントができたり、顔認証機能により顧客の年齢や性別などの属性傾向を把握したり、リピーターがどの程度の割合でいるかなどスタッフの記憶や感覚を頼らずにデータ分析が可能になります。

そのため飲食店であれば、どういったメニューを提供すれば客単価や売上をアップすることができるか検討するためのマーケティングデータとして活用できますし、混雑状況を公開してコロナ禍の中での集客にも使えます。

入退室や勤怠管理

AIカメラの顔認証機能は本人確認が正確にできて入退室や勤怠管理とも連動させることが可能です。またアナログのタイムカードのように機器を設置することは不要になり代理打刻による不正行為の防止にもなります。

食材倉庫などの出入りなども厳格に管理することが可能になり、セキュリティ上でも安心です。全国にチェーン展開しているような規模の大きい飲食業でも人事・給与システムと連携することでデータ集計も簡単にできるようになります。

防犯対策

すでに防犯カメラを導入している飲食店は少なくはないでしょう。複数のカメラを設置してモニタで確認できるのは便利ですが、店舗側で24時間監視するのは難しく、外部に委託するなどすれば別途コストがかかります。

その点、AIカメラは人の目を介さなくても怪しい動きをキャッチし即座に知らせることが可能です。また飲食店の店内監視と顔認証機能によるマーケティングデータ取得は併用できるため、無駄なコストが発生せず効率的です。

AIカメラ製品・メーカーの
一覧を見る

飲食店のAIカメラ選びのポイント

一口にAIカメラと言っても種類がありそれぞれ得意とするものが違います。導入する前に飲食店として考えるべきことは何を目的としてAIカメラを活用したいのかを明確にすることです。店舗としてどのようなことが課題となっているのか、それを解決するための機能がAIカメラに備わっているかチェックした上で選ぶことをおすすめします。

世の中のAIカメラは、大きく分けて「マーケティング」「入退室管理」「防犯」で分けられています。AIカメラを導入するなら目的に応じて選びましょう。

当サイトでは、導入する目的に応じておすすめのAIカメラを紹介しています。 ぜひ、AIカメラを導入する際の参考にしてください。

用途別におすすめAIカメラを厳選!
詳しく知りたい方はこちら

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

【用途別】
AIカメラ3選を見る

詳しくはこちら

【用途別】
AIカメラ3選を見る

詳しくはこちら