AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » AIカメラでこんなことも?新たな可能性を探る » 店舗業務の改善

店舗業務の改善

店舗業務改善に必要なこと

やめる

業務改善の第一歩は非効率的なことをやめることです。

そのためには業務全体を整理して見直すことが必要です。毎日当たり前のように行っていることが、客観的な視点で本当に必要なことなのか判断することが重要です。

店舗運営では接客や販売の他にも、売上管理や在庫管理、経理処理、スタッフ管理などさまざまな業務を行わなければなりません。これら一つ一つについて非効率な点がないか探っていくとやめてもいいものが見えてきます。

例えば全員参加の会議をやめて必要に応じて関係者のみで行う、今後も売上の見通しが立たないサービスは廃止する、形式だけの報告書や日報の作成に時間をかけるのはやめるなど、無駄と思われることを排除します。

なくす

業務自体をすべてやめることができなくても、一部をなくすことで業務改善になります。

例えば、報告書や日報の作成は必要だが、ペーパーレスという観点からノートに手書きをなくしてメールだけにするなど。

特に事務処理においては近年、ペーパーレス化が特に進んでいます。これまで請求書/納品書はパソコンで印刷して相手先に郵送するのが当たり前でしたが、企業での電子取引の導入や法的な整備も進んでいます。

無駄な業務を「なくす」にはこれまでの常識を疑うことが必要です。同じ結果を出すためにいくつかの方法が担当者ごとバラバラに採用されているのであれば一本化することで業務をスリムにすることができます。

減らす

業務としてはあっても「減らす」ことで時間や人員を有効活用することができるようになります。

例えば、定例会議は「なくす」ことはできなくても、あらかじめテーマを絞って回数を減らすことは可能

また、店舗であれば、客数の少ない時間帯と多い時間帯と同じスタッフ数で対応するのではなく、少ない時間帯は店頭に立つスタッフ数を減らし、その分、中での事務作業に充てるようにすると業務効率が上がります。

減らすことは、やめたり減らしたりするのと比べ、どのくらいという判断が難しい面も。より効率的に行うには人の経験値や感覚で決めるのではなく、客観的なデータに基づいて調整することが必要です。

店舗業務改善に向けてAIカメラ導入のススメ

AIカメラとは

AI技術を使って映像を分析し、さまざまな情報を得ることができるカメラをAIカメラと言います。店舗ならば来店人数をカウント、顔認証などの機能を使って年齢や性別などの属性情報、店内の動きまでデータ化します。

店舗の業務改善のためには、接客や商品の陳列なども含め無駄や非効率的なことがないか見直すことが重要になりますが、AIカメラはそれらを客観的に判断するための情報データを集め、分析することが可能です。

AIカメラ導入のメリット

監視カメラとして怪しい動きをキャッチ

万引きなどの防止に店舗に監視カメラを導入しているケースはよくあるでしょう。AIカメラは単に店内映像を映し出すだけでなく怪しい動きを見つけ出すことが可能です。これまで見逃していたことも発見できます。

店内の混雑状況がわかる

日々の来店者の人数や属性を記録して統計データとして蓄積することができます。

そのデータを基に効果的にキャンペーンや広告を打つためのタイミングを割り出せるので、無駄なコストをかけずに済みます。

適切なスタッフの人員配置が可能

AIカメラにより客数に対してスタッフの人数が適切かどうか判断できます。忙しいのにスタッフの人数が足りなかったり、お客様が来ない時間帯にスタッフが多くいたりなど状況を知ることでシフト調整が可能になります。

デジタルサイネージ化

店舗の外側に貼っていた広告ポスターやキャンペーンの案内板などをAIカメラと親和性の高いデジタルサイネージ化が可能に。ペーパーレス化に貢献できるだけでなく、データを活用し有効な広告表示が可能になります。

商品の陳列やレイアウトの適切化が可能

AIカメラは来店客の動きまで把握することができます。人の集まり方で人気商品の把握や動線が悪くておすすめ商品にたどり着かないなど把握することも可能。商品の陳列方法や棚などのレイアウトの見直しに活用できます。

異物を識別して忘れ物や危険物を発見

通常状態とは異なる状況を見つけることができるAIカメラは、顧客が棚の上に忘れ物をしたり、不審者が危険物を置いたりなどの行動をすぐに発見し、警備業務のサポートを行うことができます。

どのようなAIカメラを導入すれば良い?

店内業務の改善に役立つAIカメラは、店内の様子を隈なく把握できる機能があるものをおすすめします。顧客の人数カウントができるだけでなく動きまで追うことができたり、陳列されている商品の状況変化まで検知できたりすると細かなデータが収集できます。集められたデータから無駄を見つけることで業務改善へとつなぎます。

AIカメラを導入するなら目的に応じて選びましょう。

当サイトでは、導入する目的に応じておすすめのAIカメラを紹介しています。ぜひ、AIカメラを導入する際の参考にしてください。

用途別におすすめAIカメラを厳選!
詳しく知りたい方はこちら

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら