AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » AIカメラの基礎知識 » AIカメラ導入のメリット・デメリット

AIカメラ導入のメリット・デメリット

ここではAIカメラ導入ケースをマーケティング・分析、入退室・勤怠管理、防犯の3つの目的に分け、それぞれのメリットや導入する際の注意点などについてご紹介します。

マーケティング・分析におけるメリット

売上向上

来店する人の数や属性、店内での行動などを分析することで、店舗における課題の抽出と改善につなげることができます。その結果、顧客満足度の向上や来店数増加、商品回転率アップにより売上アップの効果が得られます。

省人化によるコスト削減

AIカメラは適材適所の人員配置によるコスト削減のメリットがあります。単に人減らしを行うのではなく、入店時の検温・消毒など業務の代替や来店数の少ない時間帯に合わせたシフトなど無駄な人件費をカットできます。

混雑回避

店舗や各種施設の混雑状況をAIカメラで情報発信すれば、来店客はその情報をもとに分散するため買い物がしやすくなり、店舗・施設側でもスタッフの対応に余裕ができて。サービスの質が向上するメリットがあります。

入退室・勤怠管理におけるメリット

他システムとの連携による工数削減

AIカメラの大きな特徴として他システムとの連携性が高いことがあります。入退室や勤怠管理などの本人確認部分を顔認証機能などを活用することでシステム構築時の工数やコストを削減でき、処理もスームズになります。

社員の管理

工場や倉庫などは高いセキュリティレベルが求められ、入退室などのチェックを厳しくせざるを得ません。AIカメラはマスクをしたままでも顔認証ができますし、就業時の社員の動きも把握できるので管理負担が軽減します。

防犯におけるメリット

従業員の安全確保

AIカメラは高度な防犯カメラとして機能します。映像を映し出すだけでなく外部からの侵入者の動きや表情、持ち物まで素早くチェックし不審者を発見。警察や警備会社と連携することで従業員の安全確保が可能です。

万引き被害によるロスの軽減

スーパーや店舗などの監視カメラとしてAIカメラを活用すれば学習機能により不審な行動を素早くキャッチします。これまで人の目だけでは見逃してしまっていた万引きなどを発見することで被害を最小限に抑えられます。

AIカメラ導入での注意点

AIカメラは設置することよりもどう運用するかが重要です。導入の目的がハッキリしないまだとコストだけがかかって、メリットを感じにくくなってしまいます。事前に機能や使い勝手などをしっかり確認した上で、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

AIカメラ製品・メーカーの
一覧を見る

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら