AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » 【業種・業界別】AIカメラ活用事例 » 介護施設におけるAIカメラ活用事例

介護施設におけるAIカメラ活用事例

近年ではIT技術の発展やDX化の推進に伴い、さまざまな場面でAI技術が導入されています。このAI技術はカメラにも活用されており、防犯や安全対策などといった効果が期待されています。ここでは中でも安全に注意を払わなければならない業界である介護施設におけるAIカメラの活用事例を紹介します。導入することによるメリットも解説しますので、介護施設の防犯や安全対策にお悩みの方はぜひチェックして下さい。

介護施設のAI導入事例

顔認証徘徊防止システム LYKAON(リカオン)

LYKAON は入所者の顔を検知・認証し、徘徊を防止するためのシステムとして導入されています。あらかじめ入所者の顔をAIに学習させておき、施設の出入り口に専用カメラを設置することで、無断外出をしようとする入所者を検知した時に通知してくれます。入所者だけをしっかりと検知しランプやブザー、スタッフが持つスマートフォンなどにお知らせしてくれるため、誤検知に悩まされることなく入所者の徘徊を防止することが可能です。

参照元:https://ogw-media.com/medic/cat_it/4304#i-2

A.I.Viewlife(エイアイビューライフ)

エイアイビューライフは広範囲を見守ることができる「広角IRセンサー」を活用しているソリューションで、退室を検知する機能もあるため徘徊防止の効果も期待できます。さらに退室に留まらず「転倒」「うずくまり」「横たわり」「柵越え」「ずり落ち」などといった異常の検知も期待できます。こういった行動を検知した場合には画像とともにスタッフのスマートフォンに通知が行きますので、迅速に対応することが可能です。

参照元:https://ogw-media.com/medic/cat_it/4304#i-2

TRINITY AI 人検知システム

防犯カメラの専門企業であるトリニティーが研究を重ねて開発した「TRINITY AI 人検知システム」は、不審者の存在を携帯電話に知らせてくれる画期的なソリューションです。スタッフは夜間業務として夕食介助や片付け、着替え・歯磨き、トイレ、消灯後の巡回後などさまざまな対応が必要になりますが、高齢者の深夜徘徊や不審者の見回りなど気を配らなければならないことも多くあります。事件や事故が起こってからでは遅いので、そういった異常を迅速に検知できるシステムとして重宝されています。

参照元:https://www.trinity4e.com/ai/ai-case-05.html

介護施設におけるAIカメラ導入のメリット

AIカメラで侵入者を把握

介護施設のみならず、人を預かる施設やビジネスにおいては外からの脅威にも気を配らなければいけません。多くの関係者が出入りするような施設であれば関係のない人物が侵入することがないようにケアしなければいけませんが、常に全員がそれを気にしながら業務に従事するというのも現実的ではありません。そこでAIカメラに関係者の顔を登録しておくことにより、本来出入りするべきではない不審者が侵入した際に迅速に知らせてもらうことが可能にもなります。

入所者の安全を守ることができる

介護施設において入所者に及ぶ危険は、外からのものとは限りません。特に高齢者施設であれば身体能力も大きく低下している方が多いため、日常の行動や動作の中で事故や怪我に繋がる脅威は多くあるでしょう。AIカメラを導入すると、異常な動きや行動、異常の発生を検知してくれるため、入所者が転倒したり体調が急変した場合などのトラブル発生時にスタッフへ知らせてくれる機能が備わっています。

入所者の徘徊を防止

外からの脅威や施設内でのトラブル・事故に加え、気を付けなければならないのが入所者の徘徊です。高齢者を介護している施設では、認知症などを患っている場合予期せぬタイミングで施設内外を徘徊されてしまう可能性があります。施設内であれば目が行き届いているとしても、勝手に出られてしまってはあらゆるリスクをケアすることが不可能になります。従って、AIカメラにより徘徊を防止するという機能は介護施設においてメリットが大きな要素となっています。

AIカメラ製品・メーカーの一覧を見る

介護施設のAIカメラ選びのポイント

介護施設は高齢者のお世話をすることが主要業務ですが、気を付けなければならないことは多岐に亘ります。スタッフの皆様はそういった危機管理への対応を、さまざまな日常業務をこなしながら行っているのが現実です。そのため一時も気が抜けない環境で働いていますが、それでも目が行き届かない場面というのは避けては通れません。
そこでAIカメラを導入することができれば、24時間365時間の監視が可能になり、万が一のトラブル発生時にも迅速に対応することが可能になります。介護施設におけるスタッフの業務軽減やより安全性を高めるためにも、AIカメラの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

【用途別】
おすすめのAIカメラはこちら

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

【用途別】
AIカメラ3選を見る

詳しくはこちら

【用途別】
AIカメラ3選を見る

詳しくはこちら