AIカメラ導入マニュアル│CANCHI » AIカメラ製品一覧 » AIカメラ(TOPPAN)

AIカメラ(TOPPAN)

エリア侵入検知や人数カウント、車番認識など、幅広い機能の備わった、TOPPANのエッジAIカメラ。カメラ内で画像処理を行うため、クラウド上で画像処理するAIカメラに比べ、サーバーなどの負担やコストを削減することができます。

提供元のトッパン・フォームズ株式会社は、凸版印刷とカナダのムーア・コーポレーションとの合弁会社です。AIカメラにはじまる、デジタルソリューション事業を提供しています。

TOPPANのAIカメラでできること

カメラ内で画像処理を完結

GPU内蔵のエッジAIカメラなため、カメラ内で画像処理を行うことができます。サーバーに送信するのは処理後の結果データのみです。

そのため、ネットワークやサーバーへの負荷を軽減することができ、さらに運用コストも抑えることができます

また、ACコンセントと簡単な設置工事のみで導入できるため、LAN配線工事などが必要ありません。

混雑状況を測定

映像から顔や骨格を認識することができます。これによりエリア内の人数をカウントし、混雑状況を把握することができます。

また、人物の動きによりできた動線を、グリーン→イエロー→レッドの色の順番でヒートマッピング表示することも可能。動線の活発なエリアが一目でわかります。

把握したデータは、待ち時間の表示や、簡易レジ設置の目安などに応用できます。

侵入検知エリアの指定と人物の検知

侵入検知エリアを指定することができます。指定したエリアに人物が侵入すると、骨格推定によりしっかり検知。人物の動きに応じて、必要なアラームを管理者などに通知することができます。

また人物以外にも、車などの物体に対しても侵入を検知することが可能です。これらの機能は、踏切内の立ち入り事故防止などに役立つことができます。

車番の認識

車のナンバープレートを認識することができます。ナンバープレートの角度や、ご当地柄などにも幅広く対応することができます。

これにより、事前に許可された車両だけに通行を許可したりできます。トラックバース予約管理システムと連携することで、無断駐車の削減などに活かすことも可能です。

TOPPANのAIカメラに搭載されている機能

世の中のAIカメラは、大きく分けて「マーケティング」「入退室管理」「防犯」で分けられています。AIカメラを導入するなら目的に応じて選びましょう。

当サイトでは、導入する目的に応じておすすめのAIカメラを紹介しています。
ぜひ、AIカメラを導入する際の参考にしてください。

用途別におすすめAIカメラを厳選!
詳しく知りたい方はこちら

TOPPANのAIカメラの料金

料金につきましては、公式HPに記載がございませんでした。

AIカメラの
導入費用相場を見る

TOPPANのAIカメラの導入実績

導入実績につきましては、公式HPに記載がございませんでした。

TOPPANのAIカメラの主な導入先

導入先につきましては、公式HPに記載がございませんでした。

TOPPANのAIカメラの会社概要

会社名 トッパン・フォームズ株式会社
所在地 東京都港区東新橋1-7-3
URL https://rfid.toppan-f.co.jp/solve/edgecamera.html
電話番号 03-6253-6000
営業時間 10:00〜17:00
定休日 土、日、祝日

【用途別】AIカメラ解説

AIカメラのできることは種類による違いがあり、大きく分けると「分析・マーケティング」「従業員管理」「防犯対策」の3つに商品分類されます。まずはそれぞれにどのような機能があり、どのような役割を果たすのか知りましょう。

分析・マーケティング

メバル
メバル
引用元HP:メバル
https://www.tara.co.jp/mebaru

主に店舗や街などの人流データ収集や行動分析に使用されます。来店者数のカウントや性別・年齢分析、導線・購入分析など、顧客の状況を把握することで店舗運営に活用します。

分析・マーケティング
AIカメラの選び方を見る

メバルの公式HPで
詳しい事例を見る

従業員管理

SECURE
SECURE
引用元HP:SECURE
https://secureinc.co.jp/

主にスタッフの管理目的のために使用されています。入退室管理、勤怠管理、情報漏防止、横領・盗難の監視など、従業員の移動を把握することに役立ちます。

従業員管理
AIカメラの選び方を見る

SECUREの公式HPで
詳しい事例を見る

防犯対策

VAAKEYE
VAAKEYE
引用元HP:VAAKEYE
https://vaak.co/

万引きや暴力などの防犯を目的として利用されています。顔認証および怪しい動きなどを察知し、事件・事故の発見、不審者検知、不審者通知、万引きの抑止につなげます。

防犯対策
AIカメラの選び方を見る

VAAKEYEの公式HPで
詳しい事例を見る

選定条件:
2022年4月20日、Google検索した上位26社のうち、「分析・マーケティング」市場で最も価格が安い「メバル」、「従業員管理」市場で最も外部システムと連携できる「SECURE」、「防犯対策」市場で最も導入事例が多い「VAAKEYE」として選出しました。

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら

低価格と性能を両立
したAIカメラ「メバル」

詳しくはこちら